塾に行くのは当たり前


この現代社会ではネコも杓子も学習塾という思いをお母さんももっていると思います。 でも、本当にそのような場所が必要か首を傾げているお母さんもかなりの数いらっしゃるのではないでしょうか。そのような場所へ行けば、受験に合格するものと勘違いをしているのではないでしょうか。 確かに、行くことがプラスとなり合格する人たちはいます。しかし、それはただ通えば合格するというのとは意味が違っています。 ズバリ言ってしまえば、そのような場所は必要な人たちもおり、必要でない人たちもいるということではないでしょうか。



でも、敢えていいましょう。 1日2時間以上の勉強習慣のない子供さん、 偏差値60以下の非進学校にお通いの子供さん、3教科(英・社・国)模試の偏差値が55以下の子供さんには、絶対必要だと断言します。 行かないより行った方が全然良いでしょう。 偏差値60以下の非進学校に子供さんが通っているというのなら、受験情報という面でも子供さんは大きな不利な条件をはじめから突きつけられていることになります。 お母さんは先生を信用したいのでしょうけど、実際に先生という存在がそれほど信用することが出来ないのです。



ならば、「正しい勉強方法」「正しい受験の情報」というものを一体誰から学べばよいのでしょうか。 そしてちょっと先生が乗り気になれば、非効率的なアドバイスが一杯されてしまうかもしれません。 効率的に勉強し合格するためにはどうすれば良いかという問題はやっぱり考えていかなければならない問題です。




▽推奨サイト
塾を選ぶ情報以外に塾講師のバイトを選ぶときに参考になります
>>> 塾講師 バイト 評判